日給月給制の定義とは

日給月給制の定義とは

給料の支払い体系にはいくつか種類があります。しかし中にはわかりづらい賃金形態もあります。それが日給月給制ではないでしょうか。そのようにお金が支払われるのかわからない、そもそも日給なのか月給なのかよくわからないという声が多く聞かれるようです。給与体系をよく確認せずに入社しても、思っていた額というミスマッチ尾が生じるかもしれません。ここでは日給月給制について触れてみました。

日給月給制とはあらかじめ決められた月給があり、早退や遅刻或いは欠勤をしたときにその時間分が月給から差し引かれる賃金形態のことをいいます。しかしこれだと日給制との違いが良くわからないという声もあります。日給制とは働いた日数のみで給与が決められるので、働いた月ごとに給与が変化する場合があります。一方で日給制の場合は先述したとおり、遅刻や早退や欠勤がある場合に給与が減額されるので、遅刻や早退や欠勤がなければ、一定の給与がもらえることになります。

つまり、日給制とは働いた日数で給与が決まるのに対して、日給月給制とは休んだ日数で給与が決められるという大きな違いがあります。尚日給月給制の場合、欠勤するときに有給休暇を使用すれば減額されることはないことは知っておくと良いでしょう。

注目度がUPしている求人、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ。。



Copyright(c) 2016 日給月給制の定義とは All Rights Reserved.